【トヨタ・アクア】新型や旧型でどう違う?年式で説明していきます!

ユーカーパックは大手を含む最大5000社の買取業者に査定

ユーカーパックは大手を含む
最大5000社の買取業者に

あなたが今使っている愛車の
下取り価格を競って
吊り上げてもらうサービスです。

このサービスの人気の理由は、
1分未満でできる簡単な入力で、
あなたの愛車の最大下取り価格
がわかることです。

ディーラーで20万円だった下取りが、
このサイト経由でだと100万円で下取りされた、
という口コミから
ネットで話題になっています。

ユーカーパックは
現状の一括下取りサイトの中では
本当に最高です!

登録されている買取業者も
「ガリバー」や「ビックモーター」など
誰もが知っている大手の会社もいますし、

登録後、すぐに下取りの
見積もりを出してくれ、

その上下取り価格が非常に高い。
という申し分ない方法です。

このサイトを使って、
あなたの愛車の下取り価格を上げることで、

実質、これから買う
アクアの値引き額が
大きくなったのと
同じことですから、

もう、ディーラーの値引きに
悩むことはありませんよ!

ディーラーの値引き価格というのは
実質の相場が決められているので、
いくら頑張ろうがたいして増えない。
というのが本当のところです。

トヨタアクアは発売以来ハイブリッド車のベストセラーとして販売されてきましたが、発売以来どのような経緯を得て変更されているのでしょうか。

外見だけではないアクアの改良の歴史などに焦点をあてて検証してみたいと思います。

スポンサードリンク




トヨタアクアの現行・新型機の紹介

引用:https://aqua-gogo.com/wp-admin/post.php?post

トヨタアクアは2011年に初代が発表されてから7年が経過しているロングセラーです。

通常新車の発表から6年程でモデルチェンジをする場合が多いのですが、販売台数が落ちないで売れ続けている為に長い間、改良を重ねて現在に至ります。

当初はヴィッツのハイブリッドモデルといった位置付けでしたが、現在では全くの別モデルとなっており、次世代型では更に差別化がされようとしているようです。

現行型の2018年型アクアはどのようなスペックなのか調べてみました。

全長4050mm

クロスオーバー4060mm

GRスポーツ4070mm

全幅1695mm

クロスオーバー1715mm

全高1455mm

クロスオーバー1500mm

GRスポーツ17インチ1440mm

ホイールベース2550mm

室内長2015mm

室内幅1315mm

燃費34.4km/L

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/509/981/html/AQUA_0046.jpg.html

基本的なサイズは初代から変わっておらず、モデル間のサイズ差はモールやバンパーの形状によるものです。

クロスオーバーはレギュラーモデルに比べて全長が10mm長く、GRスポーツは20mm長くなっています。

全幅はクロスオーバーがフェンダーの加飾により、レギュラーモデルに比べて20mm大きくなっています。

全高はクロスオーバーがレギュラーモデルに比べて5mm高く、GRスポーツ17インチパッケージがレギュラーモデルに比べて5mm低くなっています。

これらは主にタイヤサイズやサスペンションのセットアップのためで、クロスオーバーはジャンルとしてSUVでありながら機械式駐車場にも入庫できる全高となっています。

GRスポーツ17インチパッケージはタイヤサイズの関係でフェンダーに干渉しないように設定されており、最小回転半径がやや大回りとなっています。

燃費は初代よりもタイヤサイズが大きくなったにもかかわらず改善されています。

電気デバイスが年々増えて重量が重くなりゆく中で燃費を向上していくのは並大抵の努力では追いつかず、エンジニアの苦労が偲ばれるところです。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/509/981/html/AQUA_0008.jpg.html

一方で走行性能の改善は初代と比較して飛躍的に良くなったようです。

マイナーチェンジ前の初回年次改良ですでに足回りに手が入って改良されています。

コストの兼ね合いもあると思いますが初代では燃費性能は満足しているが走行性能に不満があるユーザーの声が多かったようです。

初代には装備されていなかった安全装備のトヨタセーフティセンスも採用され、安心して乗ることができるようになったのも嬉しいことですね。

スポンサードリンク




トヨタアクアの旧型機を紹介

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_1.html

ここまではトヨタアクアの現行型の実際についてお知らせさせて頂きました。

ここでは今までの歴代アクアはどのような仕様だったのかについて検証してみたいと思います。

アクアは2011年12月26日に初期型が正式発表、発売されました。

2003年に発表された初代プリウス以来の5ナンバーハイブリッドとして20型プリウスに搭載されていた1.5Lハイブリッドユニットを小型改良して搭載し、37km/Lの驚異的な低燃費で注目を集めます。

30型プリウスよりも約300kg軽く、重い電池を搭載していないガソリン車のカローラよりも軽量化に成功することで実現されました。

2013年5月に初めての改良が行われます。

内装の上質化を目標に上級グレードGにソフトレザーセレクションが設定され、UVカットガラス等の快適装備が追加されます。

2013年11月に2度目の改良が行われました。

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_1.html

ハイブリッドシステムとエンジン本体に手が加えられ、車体にも素材変更や溶接スポットの増加などの大幅な補強が加えられます。

サスペンションシステムの変更とS以上に採用されている15インチホイールが幅広化され、タイヤ自体も新しい低燃費タイヤが採用されます。

ドアロック連動式格納ドアミラーを取り入れ、フロントドアガラスが撥水加工されました。

この代からG’sスポーツが設定され、スポーティモデルを希望するユーザーの声に答えることになります。

初代モデルでは発売当初から走行性能の向上や内装の上質化を求める声が多かったようですが、高級車でもなく、販売価格も高額でないアクアには上質化の限度があったのではと思われます。

引用:https://gazoo.com/article/guide/150424_3.html

しかし同クラスのヴィッツの存在に差別化を付ける必要があり、可能な限りの内外装の改良が常に行われてきました。

今、現行型のアクアと初代アクアを比較してみると外観デザインをかなりリファインされていますね。

レギュラーモデルに加えてクロスオーバー型が加えられて内装もかなり上質化が図られました。

インパネなどの形状はそのままですが各種のパネルがピアノブラックに塗装されたり、合皮パネルが加飾されたりと、1ランク上に感じられる程にリファインが加えられています。

スポンサードリンク




トヨタアクアを年式毎に比較

引用:https://gazoo.com/news/info/180403.html

ここまではトヨタアクアの旧型モデルの実際についてお知らせさせて頂きました。

ここからはアクアを年式ごとに整理してどのような変化をたどったのかについて検証してみたいと思います。

2011年に初期型が発売されたアクアは2014年にマイナーチェンジが行われます。

実質2年間の中でも相当な変更が行われてきましたが、あらたなクロスオーバーモデルとしてX-UABANが発売されました。

ここで初めて外観に手が加えられ、バンパーとヘッドライトに新意匠のものが加えられました。

インパネも上質化が図られ、車体も更なる補強が加えられます。

さらには細かな空力性能の見直しとサスペンションの更なる改良が加えられ、走行性能の向上が行われました

2015年11月には3度目の改良が行われ、レーザーレーダーと単眼カメラの組み合わせでトヨタセーフティセンスCを新たに採用しました。

上級グレードには標準装備され、それ以外のグレードにもオプション設定されます。

引用:https://gazoo.com/news/info/170619.html

2016年5月は特別仕様車S-Style Blackを発売。

2017年6月には2度目のマイナーチェンジが行われます。

ここではバンパー形状やリアコンビネーションランプなどの意匠が大幅に変更されました。

内装ではセンターメーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイが採用されます。

車体が再度剛性が高められ、タイヤサイズが175/65R15から185/60R15にアップされました。

https://gazoo.com/news/info/170619.html

クロスオーバーモデルがX-UABANからCrossoverに名称変更され外観や内装などが上質化されるようになりました。

一部車両には合皮ホワイトシートが採用されてさらなる上質化が図られます。

2017年11月には待望のスポーツモデルであるG’GRスポーツが発表される。

2018年4月には4度目の改良が行われ、衝突支援パッケージのトヨタセーフティセンスCの検知機能が改良され昼間の歩行者が対象に加わりました。

これにより予防安全システムの名称統一化に習い、トヨタセーフティセンスに改名されることになります。

引用:https://gazoo.com/news/r313653.html

2018年9月はCrossover Glamが追加設定され特別色と特別内装で彩られた。

アクアはトヨタの戦艦モデルだけあって力の入りようが凄まじいまでですね。

外観改良もありますが、エンジニアリング関連の変更、改良がここまで行われるのは凄いことだと思います。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/aqua/

【トヨタ・アクア】を80万円も安く買う方法とは何か!?

トヨタのアクアいいですよね!?

ドライバーの操作による車の反応が良く
運転のしやすいところや、
最近のマイナーチェンジによる
デザインの変更でより流線形が際立っています。

何よりもの特長として
燃費がいい!!これにつきます。

休日に家族とちょっとドライブ
と言う時でもストレスが少なく
運転ができ、子供達も大喜びですね!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「アクア欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
アクアに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のアクアを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
アクアの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
沢山の買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということなので、
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 車購入に関しては値引きが当たり前です。値引きの仕組みはどうなっているのでしょうか?こ…
  2. 2011年12月に発売を開始したトヨタ・アクアは世界一燃費の良いコンパクトハイブリッド車とし…
  3. 発売以来、いつも販売ランキングの上位に名を連ねている人気車のアクアですが、大きさや室内の広さが気にな…
  4. ハイブリッドプリウスを改良し、超軽量化に大成功したトップクラスの低燃費車、それが"トヨタ・ア…
  5. 発売以来トップセラーを続けているトヨタアクアですがモデルチェンジの予定はどうなっているのでしょうか。…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP